• 印刷する

テイクオフ:オーストラリアでは連邦…

オーストラリアでは連邦議員の二重国籍が問題になっている。まず二重国籍が発覚した野党議員が辞任し、この問題での身の振り方に基準ができた。

これに足をすくわれているのが、与党保守連合(自由党・国民党)だ。オーストラリアにとって重要な資源問題を担当するキャナバン資源相は、イタリア国籍保持が問題になり閣僚を辞任した。続いて、副首相を務めるジョイス農業・水利相のニュージーランド国籍保持が問題となり、野党からの辞任要求が強まっている。さらに、南オーストラリア州の産業保護で活発に発言していたゼノフォン議員は、英国籍保持の疑惑が浮上している。

彼らだけではないものの、オーストラリア経済に重要な資源や農業、水利について国内権益の保護を主張していた議員が含まれているのも事実だ。果たして偶然だろうか。(頼徳)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

豪政府、スト防止で労使関係法の改正へ(16:20)

豪大企業の法人税、未徴収額が20億$(16:20)

トレンドマイクロ、豪セキュリティー企買収(16:20)

【日本の税務】中国との社会保障協定の発効について(10/22)

テイクオフ:大型台風が日本を襲い、…(10/22)

豪政府、インフラ開発進まず 割り当ての6%のみ拠出(10/22)

NSW州、GST課税範囲拡大など提言へ(10/22)

経済刺激は労使関係改善で=豪財務相(10/22)

〔政治スポットライト〕豪世論調査、与党保守連合のリード維持(10/22)

豪政府、中小企輸出増へ補助金枠組見直し(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン