• 印刷する

テイクオフ:オーストラリアでは連邦…

オーストラリアでは連邦議員の二重国籍が問題になっている。まず二重国籍が発覚した野党議員が辞任し、この問題での身の振り方に基準ができた。

これに足をすくわれているのが、与党保守連合(自由党・国民党)だ。オーストラリアにとって重要な資源問題を担当するキャナバン資源相は、イタリア国籍保持が問題になり閣僚を辞任した。続いて、副首相を務めるジョイス農業・水利相のニュージーランド国籍保持が問題となり、野党からの辞任要求が強まっている。さらに、南オーストラリア州の産業保護で活発に発言していたゼノフォン議員は、英国籍保持の疑惑が浮上している。

彼らだけではないものの、オーストラリア経済に重要な資源や農業、水利について国内権益の保護を主張していた議員が含まれているのも事実だ。果たして偶然だろうか。(頼徳)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

オーストラリアからの送電事業、5社が参加(18:21)

シドニー鉄道網、再生エネで排出実質ゼロに(17:02)

豪上院委員会、暗号資産規制の構築を提言(17:02)

テイクオフ:ニューサウスウェールズ…(10/21)

豪の接種完了者、70%突破 国境開放に向けフェーズBへ(10/21)

NSW、観光業界支援目的の金券配布発表(10/21)

製薬CSL、コロナで臨床試験計画に影響(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン