• 印刷する

住みやすい都市メルボ1位、シドニーは下落

英経済誌エコノミストの調査部門エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)は17日、2017年の「世界で最も住みやすい都市ランキング」を発表し、メルボルンが7年連続で1位となった。シドニーはテロに対する不安を反映し、前年から7位順位を落として11位となった。17日付オーストラリアンが伝えた。

同調査では、世界の主要140都市を、医療、教育、安定性、文化、環境、インフラなどの項目で出したスコアを基にランク付けする。1位のメルボルンは医療、教育、インフラで高いスコアを獲得した。

オーストラリアからは合計5都市が上位20位以内にランクインした。アデレードがカナダのカルガリーと並ぶ5位、パースが7位、ブリスベンが16位だった。

EIUによると、住みやすさが上昇しているのは、シンガポールや上海などアジアの都市が中心で、インフラの改善や文化体験の機会の増加が主な要因とされる。世界全体の住みやすさは10年ぶりに上昇に転じた。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シドニーで今週、新型コ…(10/15)

豪9月の失業率4.6%、小幅悪化 ロックダウンが足かせ(10/15)

豪の若者、キャリア見通しは楽観も職種再考(10/15)

NSWきょう規制緩和発表か、金券追加配布も(10/15)

NSW州政府、屋外飲食エリアの拡大を支援(10/15)

〔オセアニアン事件簿〕日本人女性、シドニーで飛び降り自殺か(10/15)

VIC感染2千人突破、規制緩和は予定通り(10/15)

豪のバイオ企、コロナ治療薬試験で資金調達(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン