ミャンマー沖でFSRU開発、覚書締結へ

タイとミャンマーの両政府は、ミャンマー沖合のモッタマ(マルタバン)湾での浮体式貯蔵・再ガス化施設(FSRU)の開発に向けて覚書(MOU)を締結する見通しだ。アリポン・エネルギー次官が明らかにした。11日付バンコクポストが伝えた。 9月26~28日にフィリピンの首都マ…

関連国・地域: タイミャンマー
関連業種: 建設・不動産天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

首都圏オフィス賃料は低水準 東南ア2番目の低さ、上昇緩やか(09/20)

デュシタニとオリジン、シラチャーにコンド(09/20)

未曽有の経済危機に備えよ 投資家ジム・ロジャーズ氏が警鐘(09/20)

トゥルーデジタルパーク、第1期が全面稼働(09/20)

首相、CLMVTに労働者の医療無料化提案(09/20)

「マツダ3」新型発売、販売目標は年7千台(09/20)

ノルウェー水産団体、東南ア拠点をタイへ(09/20)

サトウキビ産業支援、5機関・企業が覚書(09/20)

国慶節連休中の旅行、革命聖地巡りに人気(09/20)

緬国境で豚コレラ発生、警戒レベル引き上げ(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン