国家級の知財保護センター、浦東に設立

中国(浦東)知的財産権保護センターが24日、上海市浦東新区に設立された。同市初の国家級知財保護センターとなる。25日付労働報が伝えた。 運営開始後は、専利(発明特許、実用新案、意匠権の総称)の審査をより迅速に行い、申請から承認までの期間が大幅に短縮する。 まずは戦…

関連国・地域: 中国-上海
関連業種: 経済一般・統計政治


その他記事

すべての文頭を開く

自動車金型など減税拡大、来年から税率調整(12/15)

11月の原炭生産2.7%減、9カ月ぶり縮小(12/15)

クラーク空港拡張、メガワイドの受注濃厚(12/15)

観光への影響長期化に懸念 バリ火山、中国人の減少が打撃に(12/15)

一帯一路の香港参画を促進へ 発改委と調印、金融など6分野(12/15)

日系各社、福利厚生で工夫 大気汚染対策や語学学習で駐在支援(12/15)

【外国企業の日本戦略】画像認識技術で自動運転 【第12回】センスタイム、ホンダと開発へ(12/15)

鴻海のIoT子会社、18年に上海A株上場へ(12/15)

レイザーが映画界参入、スクリーン供給へ(12/15)

11月の鉱工業生産、6.1%増で伸び鈍化(12/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン