マイクロン桃園工場復旧、DRAM価格に歯止め

メモリー大手の米マイクロン・テクノロジーの台湾法人、台湾美光記憶体(台湾美光)は、窒素ガスの漏えい事故が発生した桃園市亀山区の12インチウエハー対応工場の稼働を順次再開しているもようだ。これにより、DRAMの供給ひっ迫が緩和され、価格の上昇に歯止めがかかると期待されている。

24日付経済日報によると、マイクロンは現時点で事故による損失について明らかにしていないが、桃園工場では米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」向けDDR4 DRAMを生産していることから、関連DRAMの価格が5%超上昇。その他のDRAMも3%以上値上がりしていた。

桃園工場では今月初め、生産過程で使用される窒素ガスが漏えいする事故が発生し、窒素ガスの純化設備の半数が破損した。台湾美光は1日から4日まで工場の稼働を停止し、同社の台中工場や関連部品を生産する台湾メーカーに支援を求めていた。順次稼働を再開したものの、依然全面復旧には至っておらず、同社は今後、順次生産能力を引き上げながら、顧客への出荷を拡大していく方針とみられている。


関連国・地域: 台湾
関連業種: IT・通信製造一般

その他記事

すべての文頭を開く

台湾の国際競争力17位に後退 中国に抜かれる、労働市場に低評価(05/25)

自貿区の対外開放を拡大 国務院、広東など3カ所で(05/25)

TSMC、アップルの「A12」量産開始か(05/25)

LEDの晶元光電、3事業部を年内に分社化(05/25)

サムスンが3ナノ半導体量産、21年を目標(05/25)

聯発科技、AI技術搭載チップ「P22」発表(05/25)

参拝にもスマート化の波、各社が新製品投入(05/25)

台湾企業の投資、加工貿易から内需型に変化(05/25)

致新、アリババのスマートスピーカー向け受注(05/25)

南亜トップ、今年のDRAM市場見通しは良好(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン