• 印刷する

ブティック、プラカノン駅前に複合施設

「サマーヒル」の完成イメージ(ブティック提供)

「サマーヒル」の完成イメージ(ブティック提供)

不動産開発などを手掛けるタイのブティック・コーポレーションは20日、バンコクの高架鉄道(BTS)のプラカノン駅前に商業施設とオフィスビルから成る複合施設「サマーヒル」の建設を進めていることを明らかにした。投資額は5億5,000万バーツ(約18億3,000万円)で、12月に開業する。

第1期分となる3階建てのモールには2億5,000万バーツを投じる。施設の床面積は6,000平方メートルで、40以上のテナントが入居する。テナントの賃料は地上階が1平方メートル当たり月額2,200バーツ、2階が同1,300バーツ、3階が1,000バーツ。

ブティックのプラップ・タクラル最高経営責任者(CEO)によると、現在の工事の進ちょく率は80%で、テナントの予約率は60%。開業当初は1日1万~1万2,000人の利用を見込み、8年以内の投資回収を目指す。

第2期では3億バーツを投じてオフィスビルを建設する。6階建てで床面積は1万平方メートル。既に着工済みで、来年の開業を予定している。

プラカノン駅の利用客は1日平均2万1,000人。周辺には完成済み、建設中のコンドミニアム(分譲マンション)がそれぞれ7,200戸、2,300戸あり、モールやオフィスビルの需要は大きいという。

このほか、南部プーケットのパトンビーチでは全200室の3つ星ホテルを、北部チェンマイでは全202室の4つ星ホテルの建設を進めている。プーケットのホテルは今年第4四半期(10~12月)に開業する予定。

ブティックの売上高構成比率は、ホテル・サービスアパートが80~90%、商業施設やオフィスビルが残りを占める。サマーヒルはスクンビット・ソイ47に開発した「レインヒル」に続くバンコク2カ所目の複合施設となる。


関連国・地域: タイ
関連業種: 建設・不動産小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

デルタ株対策の入国禁止、15日まで延長(07/30)

感染者1.9万人、死者も最多更新(7月31日)(07/31)

日本の鉄鋼輸出量、1~6月はタイが最多(07/30)

感染者1.7万人、14日連続1万人超(7月30日)(07/30)

成長見通し、下方修正相次ぐ 第3波で消費や観光への影響拡大(07/30)

首都などに夜間外出禁止令、来月12日まで(07/30)

感染者が1.8万人、死者も最多更新(29日)(07/30)

日本人専用のワクチン接種、8月初旬に開始(07/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン