ケッペルコープ、第2四半期は22%減益

シンガポール政府系コングロマリット(複合企業)のケッペル・コーポレーションが20日発表した第2四半期(4~6月)決算は、純利益が1億6,028万Sドル(約131億円)となり、前年同期から22.1%減少した。主力の油田開発用リグ(掘削装置)・造船部門ケッペル・オフショア・アン…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: その他製造建設・不動産天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

銀行とフィンテック企業の支援、当局が強化(15:04)

大手3行、新型コロナ絡みの解雇はせず(14:57)

国際仲裁センターの取扱件数、昨年は過去最多(14:55)

デジタル銀行の免許付与、年内発表に延期(14:51)

過去最多287人感染、計1910人(9日)(00:13)

外国人労働者の宿舎、軍投入で感染対策強化(04/09)

友人同士で外出も違法=大臣が強調(04/09)

UOB銀のCEO報酬、19年は1.8%増(04/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン