サンモビリティー、EV電池を18年に商用化

インドの商用車大手アショク・レイランドが発表した提携先、サン・モビリティーは、2018年に電気自動車(EV)用リチウム電池の商用化を始める。EV用電池を革新的な方法で普及させようと4カ月前に始動した。サンの副会長で、EVの第一人者として1990年代からEV開発に携わっ…

関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

アジア昇給率は4.3%予測 2022年の日系企業、NNA調査(12/08)

テイクオフ:コロナ前に通っていた散…(12/09)

【サムスン再編】ベトナム依存の解消へ サムスンがスマホ拠点再編(上)(12/09)

現代自、28年までにEVを6車種に拡大(12/09)

11月の自動車小売り販売、前年同月の3%減(12/09)

インドのワクチン開発機関、新拠点設置へ(12/09)

VWの販売台数、今年は前年比6割増の予測(12/09)

eバイクゴー、欧電動二輪の販売製造権取得(12/09)

政策金利4.0%に据え置き、9会合連続(12/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン