EUパーム油規制、インドネシアとWTO提訴も

マレーシア政府は、欧州連合(EU)が2020年をめどに導入を検討しているパーム油輸入規制について、見直しが図られない場合は、インドネシア政府とともに世界貿易機関(WTO)に提訴する構えだ。ロイター通信が16日伝えた。

両国政府が発表した声明によると、両国は貿易閣僚級会合での結論を踏まえ、今月末までに会合を開催する。共同で代表団を欧州に派遣し、関係者らに両国の立場や見解を説明する案も浮上しているという。それでも問題が解決しない場合は、WTOに提訴するという。

マー・シウキオン・プランテーション産業・商品相は先ごろ、フランス政府がパーム油のバイオ燃料への転用を制限する方針を打ち出したことに強く反発し、これを強行する場合は同国との通商関係見直しも辞さないと主張している。


関連国・地域: マレーシアインドネシア欧州
関連業種: 経済一般・統計農林・水産政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マハティール首相は政権…(06/21)

5月の物価上昇率は1.8% 1%台を維持も燃油上昇が足かせ(06/21)

RM=27.5円、$=4.00RM(20日)(06/21)

5月の新車販売、15%減の4.3万台(06/21)

エアアジア、印当局の被害証明の内容を否定(06/21)

EUのパーム油規制延長も新市場開拓に注力(06/21)

大西衣料、伊勢丹に期間限定店=東南ア初(06/21)

保険IAG、アジア3社を東京海上に売却(06/21)

養鶏レイホン、今期の設備投資3900万リンギ(06/21)

雇用保険、補償範囲の見直し提言=FMM(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン