EUパーム油規制、インドネシアとWTO提訴も

マレーシア政府は、欧州連合(EU)が2020年をめどに導入を検討しているパーム油輸入規制について、見直しが図られない場合は、インドネシア政府とともに世界貿易機関(WTO)に提訴する構えだ。ロイター通信が16日伝えた。

両国政府が発表した声明によると、両国は貿易閣僚級会合での結論を踏まえ、今月末までに会合を開催する。共同で代表団を欧州に派遣し、関係者らに両国の立場や見解を説明する案も浮上しているという。それでも問題が解決しない場合は、WTOに提訴するという。

マー・シウキオン・プランテーション産業・商品相は先ごろ、フランス政府がパーム油のバイオ燃料への転用を制限する方針を打ち出したことに強く反発し、これを強行する場合は同国との通商関係見直しも辞さないと主張している。


関連国・地域: マレーシアインドネシア欧州
関連業種: 経済一般・統計農林・水産政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:クアラルンプール郊外の…(04/26)

〔総選挙〕必勝期す与党、景気回復受け 激闘!マレーシア18年総選挙(上)(04/26)

RM=27.8円、$=3.91RM(25日)(04/26)

3油種とも据え置き、RON95は2.20リンギ(04/26)

スマテック、カザフ油田で中国企業と提携(04/26)

クラン西港、2倍拡張へ150億リンギ投資(04/26)

プトラプルダナ、KL刑務所跡開発を受注(04/26)

花王、ペナン拠点の太陽光発電設備が稼働(04/26)

ロッテケミ、インドネシアに石化施設建設か(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン