• 印刷する

ミャンマーとカンボジア、遺跡振興で連携

ミャンマーとカンボジアは、両国の遺跡を合わせて訪問する旅行の企画を通じ、観光振興面での連携を強める。クメール・タイムズが伝えた。

両国政府は、ミャンマー中部の遺跡都市バガンとカンボジア北西部シエムレアプ州のアンコール遺跡群を訪問先に組み込んだ2カ国周遊ツアーを企画し、共同で観光客の誘致を図る計画。

ミャンマー・タイムズによると、両国は来年に予定される東南アジア諸国連合(ASEAN)観光フォーラムでの二国間協定調印を目指し、専門の作業委員会を設置し、提携に向けた交渉を進めている。委員会関係者は「バガンとアンコール遺跡はともに固有の特徴を持つが、同時代の史跡。2つの有名な観光地を網羅するツアーには価値がある」と話した。

カンボジア観光省のイン・テゥーン副長官は、アラブ首長国連邦(UAE)ドバイを拠点にするエミレーツ航空が今月1日、ドバイからミャンマー最大都市ヤンゴン経由でカンボジアの首都プノンペンを結ぶ路線に就航したことに言及。「バガンとアンコール遺跡を組み込んだツアーの将来性がさらに高まる」と期待を示した。


関連国・地域: ミャンマーカンボジア
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【ダイヤモンド・オンライン】AirPods危機!新型肺炎でアップルの超ヒット商品が入手困難になる理由(16:33)

国会が憲法改正案の審議入り、3月5日まで(18:34)

外国投資が過去2年で最大 1月に9億ドル、肺炎に懸念も(02/25)

【日本の税務】二重課税された給与について(02/25)

ティラワ接続道の拡幅が完工、往来円滑に(02/25)

MAI、8月の増便に向け航空機2機リース(02/25)

制裁検討のEU代表団、近くミャンマーへ(02/25)

国際標準GS1バーコード、正式導入(02/25)

資金洗浄対策が不十分、リスト国に再指定(02/25)

プルデンシャル、地場ジム予約アプリと提携(02/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン