テレ東がアニメ化第2弾、台湾人気ゲーム

共同製作を発表する、智宝国際開発の徐小瀧氏、IGS商用事業処の陳阿見総経理、テレ東アニメ局の川崎由紀夫局長=東京(IGS提供)

共同製作を発表する、智宝国際開発の徐小瀧氏、IGS商用事業処の陳阿見総経理、テレ東アニメ局の川崎由紀夫局長=東京(IGS提供)

テレビ東京は、中華圏で人気の対戦型格闘ゲームシリーズ「機甲英雄(邦題:ヒーロー・オブ・ロボット)」を題材としたアニメーション作品を、台湾のオンラインゲーム大手、シン象電子(シン=金へんに心、IGS)と共同製作する。アニメは早ければ2018年冬シーズンに日本で放映開始予定。また19年以降に中華圏での放映も視野に入れる。

テレビ東京は2015年12月、台湾ゲーム大手の大宇資訊(ソフトスター)など3社と提携し、大宇資訊の人気ロールプレイングゲーム(RPG)「軒轅剣(けんえんけん)」をアニメ化すると発表しており、台湾のゲームコンテンツをアニメ化するのは2作品目になる。

「ヒーロー・オブ・ロボット」は、プレーヤーがトレーディングカード(トレカ)を購入してロボットを操作するゲームで、2010年のリリース開始以来、カード1,400種類とロボット200体以上が登場。台湾のほか中国、タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、イタリアなどに2,400台以上のアーケードゲーム機が設置され、トレカ販売数は累計3,000万枚を超える。

作品はテレビ東京、IGS、アニメ製作の綺泰動画(ナダアニメ)の3社が共同で手掛け、智高国際開発が版権・著作権を管理。製作に当たっては、アニメーション演出家・監督のアミノテツロー氏が作品の世界観とストーリー設定を、メカニックデザイナーの柳瀬敬之氏がロボットのデザインを、アニメーターの中山昇氏が作画プロデュースをそれぞれ担当することも発表された。


関連国・地域: 台湾
関連業種: 観光・娯楽マスコミ・出版・広告社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

米産などのスチレン、AD措置を正式決定(06/22)

5月の輸出額は同月最高更新 3カ月連続成長、従来型製品が好調(06/22)

テイクオフ:訪れた各地で地元の人に…(06/22)

鴻海、米TV大手ビジオに2500万米ドル出資(06/22)

TSMC、7・9ナノ生産能力が前年比倍増(06/22)

パネル各社3Qにも赤字に、群創顧問が懸念(06/22)

二輪車販売5月も停滞、前年同期比1.3%減(06/22)

米鉄鋼輸入制限、経済部「クオータ制で交渉」(06/22)

錦湖石化、手術用ゴム手袋の原料を増産(06/22)

台塑が高付加価値製品に注力、売上比率3割に(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン