• 印刷する

《知財》偽物の8割は中国、EU指摘に商務省反発

中国商務省の孫継文報道官は29日の定例会見で、欧州刑事警察機構(ユーロポール)と欧州連合知的財産庁(EUIPO)が最近発表したリポートで「世界の模造品の8割は中国本土と香港から来ている」と指摘したことについて、「無責任な指摘」と反発し、データの真実性、客観性に疑問を呈した。

新華社電によると、ユーロポールなどは先ごろ「2017年欧州連合(EU)模造品と海賊版の取り締まり状況リポート」を発表し、その中で「2015年における世界の86%の模造品は中国本土と香港から来た」と指摘。「模造品は欧州の税収減、失業の増加、正規品の流通の妨げにつながっている」と批判した。

孫報道官は、EUのリポートを批判した上で、中国政府は近年、模造品の取り締まりに力を入れていると説明。今年1~4月に全国の税関で輸出時に摘発した偽物は貨物4,600件余りとなり、押収した物品は93万点以上に達したとし、政府の取り組みをアピールした。


関連国・地域: 中国-全国欧州
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

韓国と通貨スワップ延長、人民銀(10/23)

PCBの相互が412人解雇、華為影響で(10/23)

電力公社、EV分野で中国企業と協力へ(10/23)

テイクオフ:25年前、進学のため北…(10/23)

5Gユーザー1.6億人に拡大 普及進む、基地局建設も急ピッチ(10/23)

運転免許取得、70歳以上も可能に(10/23)

中央財政の景気対策資金、1.6兆元が地方に(10/23)

中国首相、成長に意気込み(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン