• 印刷する

《知財》偽物の8割は中国、EU指摘に商務省反発

中国商務省の孫継文報道官は29日の定例会見で、欧州刑事警察機構(ユーロポール)と欧州連合知的財産庁(EUIPO)が最近発表したリポートで「世界の模造品の8割は中国本土と香港から来ている」と指摘したことについて、「無責任な指摘」と反発し、データの真実性、客観性に疑問を呈した。

新華社電によると、ユーロポールなどは先ごろ「2017年欧州連合(EU)模造品と海賊版の取り締まり状況リポート」を発表し、その中で「2015年における世界の86%の模造品は中国本土と香港から来た」と指摘。「模造品は欧州の税収減、失業の増加、正規品の流通の妨げにつながっている」と批判した。

孫報道官は、EUのリポートを批判した上で、中国政府は近年、模造品の取り締まりに力を入れていると説明。今年1~4月に全国の税関で輸出時に摘発した偽物は貨物4,600件余りとなり、押収した物品は93万点以上に達したとし、政府の取り組みをアピールした。


関連国・地域: 中国-全国欧州
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ禍、再エネ開発に試練 消費減と油価下落で構造改革論も(06/03)

テイクオフ:子どものころは夏になる…(06/03)

米の優遇廃止「二重基準」と批判、行政長官(06/03)

海南自由貿易港、計画発表 関税免除、法人税も15%に(06/03)

華為が安価な5Gスマホ、米制裁で独自サービス(06/03)

林鄭氏、3日に北京訪問=国家安全法巡り(06/03)

農民工の職業訓練、2年間で大規模に実施(06/03)

集合制限令と入境制限を延長、香港政府(06/03)

中国人研究者らの入国制限、米長官(06/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン