• 印刷する

シャープが太陽光発電受注、ビッグC向け

ビッグC向けに設置する太陽光発電システムの完成イメージ(シャープ提供)

ビッグC向けに設置する太陽光発電システムの完成イメージ(シャープ提供)

シャープは22日、タイの大手小売チェーン「ビッグC」の太陽光発電システムを受注したと発表した。地場の発電事業者、インパクト・ソーラーと契約を締結。2018年度末までにタイ国内の16カ所で稼働する。日本の環境省の「二国間クレジット制度資金支援事業のうち設備補助事業」として実施する。

バンコク西郊ナコンパトム県や東郊サムットプラカン県などで、ビッグCの店舗や倉庫の屋根に設置する。7月に着工し、12月から順次運転を開始する。シャープの担当者によると、太陽光パネルの枚数は計5万枚になる見通しで、年間の予想発電量は約2,167万5,000キロワット時(kWh)。将来的に追加で11カ所の設置も計画している。

シャープは2013年、中部ロッブリ県でタイ最大規模のメガソーラーを完工。タイでは産業向けを中心にこれまで27件の太陽光発電事業を展開している。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 電機電力・ガス・水道小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

銀行のESG活動、東南アジアは4行高評価(18:18)

テイクオフ:2年半ほど前、駐在して…(08/21)

【日韓対立】日韓企業62%「実害を懸念」 収束見通し、日系が悲観的見方(08/21)

【循環型経済】ごみ回収をFC式で全国展開 地場ウォンパニ、再資源化下支え(08/21)

2Q経済成長率が軒並み停滞 東南アジア、内需堅調も輸出不振(08/21)

アメリカンビルダー、EECで工業団地開発(08/21)

オリジン、年末までに住宅8事業の発売計画(08/21)

マグノリアのコンド販売、香港デモが好影響(08/21)

マルカ、自動車部品販売の子会社を解散(08/21)

レムチャバンの埋め立て、事業化調査を承認(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン