トヨタ、「ヴィオス」の新モデル発売

トヨタ・ベトナム(TMV)は19日、小型セダン「ヴィオス」の新モデルを発売した。

今回発売された「TRDスポーティボ2017」は、トヨタ自動車がアジア市場向けに開発。スポーティーなデザインを特徴としている。ベトナムでの販売価格は、付加価値税(VAT)込みで6億4,400万ドン(2万8,340米ドル、約315万円)で、ボディーカラーはホワイトのみとなっている。

ヴィオスは、2003年8月にベトナムで発売され、これまでに4回にわたりアップグレードとモデルチェンジし、累積販売台数は8万台近くに上るという。16年の販売台数は前年比28%増の1万7,561台に上り、乗用車全体の6割近くを占めた。

これに加え、ベトナムでは現在、「1.5G」、「E1.5」のCVT(無段自動変速機)車とマニュアルトランスミッション(MT)車を販売している。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

宝成の従業員4人を逮捕、越工場ストで(19:42)

サイバー法可決、業界に波紋 各社は追随も運用面には疑問多く(06/20)

サビコ、輸入車規制で増益目標も控えめ(06/20)

カムラン空港、国際線ターミナルの試験供用(06/20)

ベトナム便就航の航空会社、63社に(06/20)

ハノイ都市鉄道2A号線、年内開業を確認(06/20)

BOT料金所、19年末には全てETC化(06/20)

ハノイ都市鉄道3号線、全線開業23年1Qか(06/20)

ハノイーハイフォン高速、毎日11万ドル赤字(06/20)

クアンニン水道社、UPCoMに登録(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン