• 印刷する

上半期のM&A、13年以来の低水準

シンガポール企業が絡んだ合併・買収(M&A)が、今年に入って急減している。トムソン・ロイターが15日公表したデータによると、今年上半期(1~6月)に発表された取引は金額ベースで224億米ドル(約2兆4,842億円)相当となり、前年同期から20.3%減少。同期としては2013年以来の低水準に落ち込んだ。16日付ビジネス・タイムズなどが伝えた。

件数ベースでは23.4%減った。1件当たりの平均取引額は8,980万米ドルとなり、前年同期の9,360万米ドルを下回った。

国境を越えたM&Aは12.7%減の137億米ドル。海外企業によるシンガポール企業の買収は16.7%減の56億米ドル、シンガポール企業による海外企業の買収は9.7%減の80億米ドル、国内企業同士のM&Aは41%減の38億米ドルだった。

海外企業による買収は、中国の海航集団(HNAグループ)による物流大手CWTの買収(13億米ドル)が最大の案件。中国企業の買収が取引額全体に占める割合は30.8%に達している。この割合は、香港が16.5%、カナダが16.4%、米国が15.4%と続く。

シンガポール企業による海外での買収には、政府系不動産開発大手メープルツリー・インベストメンツが米不動産投資ファンド、ケーン・アンダーソン・リアルエステート・アドバイザーズから学生寮8軒とコンドミニアム4軒を取得した案件(取引額16億米ドル)などが含まれる。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:連休を利用して世界遺産…(08/20)

東南アでテクノロジー投資活発 中国からシフト、上期は過去最多(08/20)

シェルが給油所でEV充電設備、東南アジア初(08/20)

地場の廃棄物処理、マレーシア同業を買収(08/20)

データセンター競争力、世界3位=C&W調査(08/20)

首都にスマートシティー、シンガ企業が計画(08/20)

AIアントワークス、文書管理の指南書提供(08/20)

大中華圏の利益が5年で3倍、OCBC銀(08/20)

就学前・高等教育の支援強化、次年度から(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン