コンドミニアム供給に過剰感 ヤンゴン、外国人保有解禁に期待

ミャンマー最大都市ヤンゴンのコンドミニアム(分譲マンション)が、高級物件を中心に供給過剰になりつつある。米不動産サービス大手コリアーズ・インターナショナルによると、2017年1~3月期には前年同期並みの552戸が新たに供給されて全体で6,048戸となり、年内には追加で約3,…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

日米連携して投資誘致支援 フォーラムで経済改革を後押し(08/21)

ムセの国境貿易が完全停止、武力勢力襲撃で(08/21)

【日韓対立】日韓企業62%「実害を懸念」 収束見通し、日系が悲観的見方(08/21)

中国国境貿易、チンシュエホーでも停止(08/21)

中国政府、北部同盟の襲撃に「強い非難」(08/21)

豪雨で運休のヤンゴン―バガン間鉄道、再開(08/21)

UNHCRと外務省、ロヒンギャ帰還で協議(08/21)

コメ生産者協会、農家の土壌検査を支援(08/21)

ムセの貿易地区、認証マンゴー販売所設置(08/21)

MAI航空、韓国人誘致へ代理店を指名(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン