中国事業打撃の大企業、新政権の外交に期待

在韓米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)配備に反対する中国の報復的な措置により、韓国の大企業が大きな打撃を受けている。このほど発足した文在寅(ムン・ジェイン)政権に、中国との関係改善を強く期待している。16日付毎日経済新聞が伝えた。 THAAD配備用地を提供し…

関連国・地域: 中国韓国
関連業種: 経済一般・統計


その他記事

すべての文頭を開く

現代自の1月販売、3%増の2903台(14:15)

サムスン電子、華城工場に新ラインを新設(15:24)

日本産木材、構造材に高需要 木造建築の増加が後押し(02/23)

17年末の家計負債が過去最大、8.1%増(02/23)

韓銀総裁、日本との通貨スワップに関心(02/23)

起亜自動車、インド工場の初出荷は19年3月(02/23)

消費者分野に集団訴訟制導入を、公取委(02/23)

ベンチャー投資、今年の組成額が5兆W突破(02/23)

M&M子会社の双竜自、赤字に再転落(02/23)

政府「査定が先」、GMの金融支援要求で(02/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン