テイクオフ:東南アジアで有数の日系…

東南アジアで有数の日系企業数を誇る当地。駐在経験のある日本人は年々増え続けており、日本や出張先の周辺国など、思わぬ所でタイの話に花が咲くことがある。当時の物価や日本料理店の事情、度重なるクーデターや洪水、空港閉鎖など、さまざまな時代の出来事を興味深く聞くことができる。

先日タイを訪れた上司は、10年ほど前にバンコクに駐在しており、当時足しげく通ったというお勧めのグルメスポットを何店か伝授された。普段はあまり足を運ばない地域の店が多く、自分の行動範囲の狭さを痛感した。

そういえば最近はなじみの店しか行っていない。新規開拓を怠っていた身にとって、バンコク駐在経験のある上司との会食は大いに刺激になり、探究心に改めて火が付いた。ただ一方で、タイ語のレベルは良い勝負。残念ながらこちらはあまり発奮材料にならなかった。(中)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【スタートアップの挑戦】ラッピングカーで副収入 登録車増加、配車アプリ普及で(06/22)

カシオ、腕時計GーSHOCKの新製品発売(06/22)

【アジア三面記事】78歳の女性が妊娠か(06/22)

ザ・モール、W杯効果でテレビ販売25%増(06/22)

3空港の高速鉄道事業、シノタイが書類購入(06/22)

オリジンが低層重視、5年で売上比率36%へ(06/22)

バイオ燃料B20、物品税調整で消費促進(06/22)

カンクンエンジ、5万kWの風力発電を稼働(06/22)

バンチャーク、ノルウェーの石油開発に出資(06/22)

ヒルトン系ウォルドルフ、8月30日に開業へ(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン