テイクオフ:しゃきしゃきの野菜が回…

しゃきしゃきの野菜が回転ずしのように回るバンコク東郊サムットプラカン県のカノムチン(発酵米麺)料理店が話題だ。大きめの雨どいを楕円形につなぎ、水をためた上、キャベツ、トマト、ニンジン、ゆで卵などを入れたザルを水に浮かべる。それを水中の酸素ポンプを使って回すのだ。

カノムチンは、麺にスパイスのきいたカレーと生野菜を合わせたもの。元々はモン族の食べ物だったと思われるが、タイの地方各地で呼び名が異なり、調理法も異なるなど、各地で愛されている。南部出身の母は、私が友達を家に連れてくると、よく魚の身をほぐしてスープに入れた南部式のカノムチンを振舞ってくれた。

伝統が息づく庶民の食べ物を斬新な手法で楽しませてくれたこの料理店。様々なアイデアを出して伝統料理を提供する店が増えると、タイ文化の発展につながりそうだ。(エ)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【スタートアップの挑戦】ラッピングカーで副収入 登録車増加、配車アプリ普及で(06/22)

カシオ、腕時計GーSHOCKの新製品発売(06/22)

【アジア三面記事】78歳の女性が妊娠か(06/22)

ザ・モール、W杯効果でテレビ販売25%増(06/22)

3空港の高速鉄道事業、シノタイが書類購入(06/22)

オリジンが低層重視、5年で売上比率36%へ(06/22)

バイオ燃料B20、物品税調整で消費促進(06/22)

カンクンエンジ、5万kWの風力発電を稼働(06/22)

バンチャーク、ノルウェーの石油開発に出資(06/22)

ヒルトン系ウォルドルフ、8月30日に開業へ(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン