華和結、日本のデザイン学習教材を台湾で配信

香港に本拠を置き、広告やコンテンツ産業の総合サービスをグローバル展開する華和結(かわゆい)ホールディングスは9日、傘下のクリエーティブスタジオ「JCCDスタジオ」(東京都千代田区)が、台湾最大手のCtoC(個人間取引)学習プラットフォーム「Hahow」を運営するベンチャーの思哈と提携し、日本のイラストデザインを学ぶオンライン教材の配信を始めたと発表した。

同教材は、日本のプロのイラストレーターが描くプロセスを6段階、計17回に分け、段階的に学習できる構成。現地のニーズをくみ取るため、企画から配信までユーザーと意思疎通を図ったことなどが特長で、中国語字幕や教材の編集はデザイン経験を持つ台湾人のスタッフが担当した。今後は台湾を皮切りに海外にも展開していく予定という。

華和結の王沁・最高経営責任者(CEO)は、「『クールジャパン』のコンテンツを海外に輸出し、事業を大きく成長させたい」とコメント。思哈の江前緯CEOは「台湾で受講者の募集を始めて以来、問い合わせが殺到し、申込者数は30日間で目標の7倍に達した」と強調した。

JCCDスタジオは日本のコンテンツの海外輸出に特化したクリエーティブスタジオで、200人以上の日本人デザイナーやイラストレーターなどが所属している。一方、Hahowは台湾のほか、マレーシアやシンガポール、香港などでもユーザー数を伸ばしており、2017年4月時点の登録ユーザー数は6万人、有料会員数は3万人に上る。

JCCDスタジオのオンライン学習教材(華和結ホールディングス提供)

JCCDスタジオのオンライン学習教材(華和結ホールディングス提供)


関連国・地域: 香港台湾日本
関連業種: IT・通信商業・サービスマスコミ・出版・広告

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ただひたすら何も考えず…(12/12)

大気汚染防止の統一ルール策定 政府、環境保護と電力供給の両立苦慮(12/12)

穩懋半導体、米ブロードコムが出資へ(12/12)

iPhone7の需要拡大、可成など追加受注か(12/12)

ASUS、廃棄物処理の子会社を新設(12/12)

アップル、達運や帆宣とOLED開発か(12/12)

産業用PCの樺漢、11月売上高は前年同月比4倍(12/12)

Apple Watchシリーズ3好調、日月光が恩恵(12/12)

永豊余が洗浄剤新工場、生産能力7倍に(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン