• 印刷する

今年の大気優良日79%に、環保省が目標設定

中国の陳吉寧環境保護相は24日、環境保護省の測定基準で大気が「優良」となる日数を、今年は通年の79%とする目標を掲げた。地級市以上の338都市を対象とした昨年の割合は78.8%で、今年も小幅改善を目指す。25日付毎日経済新聞が伝えた。

微小粒子状物質「PM2.5」の平均濃度(1立方メートル当たり)が基準値(35マイクログラム)を上回っている都市に対しては、前年から3%減らすよう求めた。

主要汚染物の排出削減目標は、化学的酸素要求量(COD)とアンモニア態窒素が各2%、二酸化硫黄(SO2)と窒素酸化物(NOx)が各3%と定めた。

大気以外では、地表水は飲用が可能な汚染されていない「1類」から軽度の汚染の「3類」までが占める比率を68.3%まで高める。汚染され、利用に向いていない「劣5類」の割合は8.4%以下に抑えることを目指す。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

国民が求める改革を推進、習総書記が強調(09/21)

米中貿易戦争、比は年間47億円受益へ(18:02)

米レミットリー、22年に送金シェア4割へ(18:30)

涼茶の鴻福堂、中国の全店閉鎖で撤退(19:40)

テイクオフ:「偽札が1枚あったら全…(09/21)

中国各地から高鉄で香港へ 国慶節、乗車券売り切れ相次ぐ(09/21)

千代田インテが車載部品強化 電動化に対応、機能材に強み(09/21)

ラオス中国鉄道、雇用問題を解決=学会(09/21)

日本も「一帯一路」参画を 中国建設大手や外資海運が期待(09/21)

高鉄開通でキャセイに打撃、路線網に影響も(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン