現代自、4年以内にハイブリッド車を投入

韓国の現代自動車は20日、2020年までの4年でインドで総額500億ルピー(約842億円)の投資を計画していることを明らかにした。ハイブリッド車(HV)を含む8つの新車投入を予定している。

新車投入は毎年2車種のペースを想定。うち、3車種は新たに開発したモデルになるという。HVについては18年2月に北部ウッタルプラデシュ州グレーターノイダで開催されるインド最大規模の自動車展示会「オートエキスポ」への出展を予定。その後、間もなくインドでの発売を見込んでいる。

完全子会社ヒュンダイ・モーター・インディア(HMIL)のクー社長兼最高経営責任者(CEO)はNNAに対し、「将来的に電気自動車(EV)の投入も計画しているが、まずはHVを優先する」とコメントした。

現代自動車は同日、インドで小型セダン「エクセント」を発売した。首都ニューデリーでの価格は53万8,000~84万1,000ルピー。ガソリン車とディーゼル車を用意した。

クーCEOは、「新型エクセントは、小型セダン部門に新たな基準を創造するだろう」とコメントした。

最大手マルチ・スズキの「ディザイア」やホンダの「アメイズ」、フォルクス・ワーゲン(VW)の「アメオ」などが競合となる。

Thumb 20170421 inr hyundai w

小型セダン「エクセント」を発表したHMILのクーCEO=20日、ニューデリー(NNA撮影)


関連国・地域: 韓国インド
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

【書籍ランキング】4月13日~4月19日(05/01)

■<ビジネス書ベスト10> 1.『AI経営で会社は甦る』冨山和彦(文藝春秋) 2.『金融ジェロントロジ…

続きを読む

テイクオフ:汚職はインド経済のイメ…(05/01)

汚職はインド経済のイメージを損なう重要な問題だ。ただし、市民が行政機関から便宜を受けることを目的とし…

続きを読む

ファナック、印のFAけん引 自動車産業中心にシェア8割(05/01)

インドでファクトリーオートメーション(FA)が普及する素地が整ってきた。自動車・二輪車メーカーの工場…

続きを読む

現代自、北部にクオリティーセンター開設(05/01)

韓国の現代自動車は4月28日、インド子会社のヒュンダイ・モーター・インディア(HMIL)が北部ハリヤナ…

続きを読む

タタ自、国軍にSUV3千台を納入(05/01)

インドの自動車大手タタ・モーターズは、国軍に3,000台を超える軍用スポーツタイプ多目的車(SUV)「サフ…

続きを読む

キネティック、自社初のリチウム電池三輪投入(05/01)

インドの電動車両メーカー、キネティック・グリーン・エナジー&パワー・ソリューションズ(KGEPSL)…

続きを読む

二輪車のアフターサービ満足度、TVSが首位(05/01)

米系調査会社JDパワー・アジア・パシフィックは4月27日、インドで事業展開する二輪車メーカーのアフター…

続きを読む

タタ・ドコモ紛争、賠償支払いを高裁が是認(05/01)

インドのデリー高等裁判所は4月28日、地場複合企業(コングロマリット)タタ・グループの持ち株会社タタ・…

続きを読む

1~3月のスマホ出荷15%増、首位はサムスン(05/01)

香港の調査会社カウンターポイント・リサーチの4月28日の発表によると、インドの2017年1~3月のスマート…

続きを読む

ペイティーエム、金のオンライン取引を開始(05/01)

インドの電子決済「ペイティーエム」の運営会社ワン97コミュニケーションズは、インドの国営商社となる金属…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン