• 印刷する

35歳の3割が関節炎、運動不足で低年齢化

中高年に一般的な関節炎が30代にも広がっている。ホーチミン市脊柱学会が昨年実施した調査によれば35歳の30%が罹患しているという。医師は運動不足と偏食が原因としている。6日付ベトナム・ニュース(VNS)が報じた。

同学会によれば、1990年代における35歳の関節炎罹患率は10%以下だったため、3倍以上に増加したことになる。ホーチミン市のグエン・チ・フオン病院整形外科のタン・ハー・ナム・アイン医師も、関節炎の検査に来る人は5年前は1日数十人ほどだったが、現在は150人に増加していると言う。アイン医師によれば、大部分は会社員や肉体労働者だ。

同じくホーチミン市のチョ・ライ病院レ・アイン・トゥー医師は、関節炎の一番の原因は運動不足と指摘。さらに脂肪のとり過ぎも、ひざの関節炎を引き起こすとしている。トゥー医師は、最近の関節炎の低年齢化について、「長い治療を必要とするため、家族や社会保険にとって大きな負担」と警告を発している。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

鉄鋼各社、業績の好調際立つ 上期利益6倍、価格高騰受け(08/04)

4波の市中感染、ホーチミンで10万人突破(08/04)

7月製造業PMIは45.1、2カ月連続悲観圏(08/04)

コロナ支援で法人税30%減額、財務省が草案(08/04)

信用調査のCBA、ベトナムに進出(08/04)

ビンG、米製薬企業からワクチン製造技術取得(08/04)

ビンズオン省、国産ワクチン試験接種を打診(08/04)

治療薬レムデシビル50万本を今月輸入、ビンG(08/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン