大使館、当初正男氏と認識=警察長官

【クアラルンプール共同】マレーシア警察のカリド長官は31日、記者会見し、北朝鮮の金正男氏殺害事件の発生直後にマレーシア当局から連絡を受けた在マレーシア北朝鮮大使館は当初、死亡した男性を正男氏と認めたものの、翌日になって北朝鮮国籍の男性「キム・チョル」氏だと主張を…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マレーシア華人の友人に…(11/19)

GDP成長率、3Qは4.4% 4四半期連続で低下続く(11/19)

対外純負債、7~9月時点で1122億リンギ(11/19)

韓国政府、インドネシアなどとFTA推進(11/19)

RM=27.0円、$=4.19RM(16日)(11/19)

宝印刷、地場の翻訳通訳会社を買収(11/19)

10月の新車販売、前年同月比0.5%増(11/19)

ペナン州の交通ターミナル、22日に一部開業(11/19)

KLIA、17年の国際線利用者数で世界12位(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン