テイクオフ:オーストラリア人の女優…

オーストラリア人の女優、メリッサ・ジョージさんを最近、映画やTVで見ないと思っていたところ、ドメスティック・バイオレンスと子どもの親権問題で大変な状態に陥っていたことをオーストラリアの報道番組で知った。

彼女は、フランス人の富豪と結婚し2児をもうけていたが、暴力事件により夫とともに罰金刑を受けていたという。さらに、子どもを連れて米国での仕事に向かおうとしていた際、フランス当局が離陸直前になって彼女らの出国を差し止めたそうだ。夫側の申告により、彼女が子どもを誘拐しようとしたとの疑いがかけられたという。その後、子どもが海外へ行くには夫の承諾が必要になっただけでなく、夫と1週間ごとに子どもとの面会を交代するべきとの裁判所命令を受けているという。

どこかで聞いたような話で、有名スターとはいえ変わりないようだ。(頼徳)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【製造業の未来】知財が「製造強国」の鍵に 中国が描く未来、日本も参画機会(10/24)

テイクオフ:緑の多いシドニーでは、…(10/24)

【日本の税務】海外出向者の社会保険・報酬(10/24)

ジュリーク、アデレードに工場 化粧品生産能力を3倍に(10/24)

豪政府、不正企業への罰金3倍案を検討(10/24)

中小企の法人税減税、政府が適用資格明確化(10/24)

広域シドニーを3都市に分割、40年構想(10/24)

NBN敷設費用高騰、1戸約9万$以上!(10/24)

クラウン、日本カジノ落札困難=パッカー氏(10/24)

ウエストパック銀、割引特典の不適用を謝罪(10/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン