テイクオフ:現地の小中高校で卒業試…

現地の小中高校で卒業試験に当たる全国共通試験が4~5月に実施されるのに備え、各学校では模擬試験が盛んに行われている。とある私立中学では、約10校の小学生250人を招待して模擬試験を実施。共通試験は、卒業の可否が決まる重大なテストで、教師にとっても生徒の成績が学校の評価に直結する。参加費は無料、懸賞品も出るとあって、保護者だけでなく教師も積極的に子どもを送り出した。

試験結果は、コンピューターで処理されて1時間後には判明する。それまでの待ち時間、主催者側はクイズやゲームなど出し物を用意し、子どもたちを飽きさせないよう気配りを欠かさない。

懸賞品はモノではない。一等賞はキャッシュで約5,000円。加えて、その私立校の入学金が1割引、月謝1カ月分が無料になる。成績優秀者を確保したい私立中の術中に、まんまとはまったのだった。(麻)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

宇部興産と中国電力、石炭を共同で輸入(20:44)

首都の高架道など6カ所、年内完工できず(20:44)

首都アンチョール地区の水族館などを改修(21:19)

アジアのLNG市場拡大に100億ドル支援(10/19)

テイクオフ:先週末、首都ジャカルタ…(10/19)

遠隔医療の情報技術売り込み 日系IT5社、病院展示会に出展(10/19)

MNC、医療機器リースで2桁成長目標(10/19)

セイノー、今月末にも低温物流事業を開始(10/19)

首都圏への家畜輸送事業、民間の参画誘致へ(10/19)

西パプア沖合の観光地に航空路線開設へ(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン