コインの使用制限見直し、1ドル硬貨にも

シンガポール金融管理庁(MAS)は16日、1回の支払いに使用できる硬貨の枚数の制限を見直す方針を明らかにした。最終決定に向け、4月6日まで意見公募を実施する。

現行の通貨法では、1回の支払いに使用できる硬貨は、5Sセント(約4円)、10Sセント、20Sセント硬貨の場合で1種類につき2Sドルまで、50Sセント硬貨の場合で10Sドルまでとなっている。1Sドル硬貨の使用に制限はない。なお買い手と売り手が合意した場合は、上限を超えた支払いも可能だ。

MASは今回、1回の支払いに使用できる硬貨の枚数を、1種類の硬貨につき10枚までに制限する計画。1Sドル硬貨も含め、全ての硬貨がそれぞれ10枚までしか使えないことになる。

MASはこれについて「ルールを簡素化して簡単に覚えられるようにすると同時に、小額硬貨を大量に受け取る際の不便さやコストを最小限に抑えるのが目的」と説明。新たな上限の設定に際しては、無作為に抽出した消費者、事業者を対象に意見の聞き取り調査を実施したという。

2014年には、大量の小額硬貨による支払いで生じた問題が2件報じられた。これを受け、1Sドル硬貨の使用にも制限を設けるよう求める声が上がったことから、MASは法改正を検討してきた。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融・保険社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

台湾人の海外就職も「新南向」 ASEAN希望者、2年で2割増(04/21)

中国一辺倒の経済から脱し、東南アジア諸国連合(ASEAN)やインド、オセアニアとの関係を強化していく…

続きを読む

オークウッド、日本11軒目のサービスアパート(04/21)

シンガポールの不動産開発大手メープルツリー・インベストメンツ傘下の米サービスアパート運営オークウッド…

続きを読む

文秀ホンダ、国内産二輪のシンガ輸出を開始(04/21)

ホンダのマレーシアの自動二輪車合弁会社である文秀ホンダは来月から、マレーシア・ペナン州バトゥカワンの…

続きを読む

2カ所の国有地の入札公示、都市再開発庁(04/21)

シンガポールの都市再開発庁(URA)は20日、中南部クイーンズタウンと北東部ホーガンの国有地の入札を公…

続きを読む

欧州の格安航空、ロンドンとの直行便就航へ(04/21)

ノルウェーの格安航空会社(LCC)ノルウェージャン・エアシャトルは20日、9月に英国とシンガポール間の…

続きを読む

【アジア三面記事】夢の国は夢のまま(04/21)

■夢の国は夢のまま インドネシアの中ジャワ州ボヨラリ県で、米テーマパーク、ディズニーランドの建設に向…

続きを読む

公共バス運営権入札、第3弾はSBSが獲得(04/21)

シンガポールの公共バス運営業者を選定する入札の第3弾で、公共交通運営大手SBSトランジットが26路線の…

続きを読む

FDI信頼度指数、世界10位で横ばい(04/21)

経営コンサルティング大手の米ATカーニーが18日発表した「2017年度外国直接投資(FDI)信頼度指数」調…

続きを読む

消費者の66%、顧客対応不満で購入せず(04/21)

「顧客サービスに不満なため商品・サービスを購入しなかったことがある」というシンガポールの消費者は66%…

続きを読む

DBSの多通貨口座、24時間の両替可能に(04/21)

シンガポールの金融大手DBS銀行の多通貨口座(MCA)利用者は、今年9月末までに1日24時間、外貨への…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン