政策金利3カ月ぶり引き上げ、米国に追随

香港金融管理局(HKMA)は16日、香港の政策金利の基準金利を0.25%引き上げ、1.25%としたと発表した。香港の政策金利引き上げは昨年12月以来3カ月ぶり。米国の中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)が3カ月ぶりとなる利上げを決定したことに追随した。

FRBは15日(現地時間)、連邦公開市場委員会(FOMC)で、短期金利の目標となるフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を年0.75~1%に0.25%引き上げることを決めた。トランプ政権誕生後では初めての利上げとなる。

香港ドルは米ドルとのペッグ制(1米ドル=7.75~7.85HKドルの許容変動幅での連動相場制)をとっており、金融政策を米国と連動させている。


関連国・地域: 香港米国
関連業種: 金融・保険政治

その他記事

すべての文頭を開く

インフル死亡、ワクチン接種者が約半数(14:34)

ロジや人材に香港の優位性 衣料EC「グラナ」トップに聞く(07/28)

6月輸出は11%増、5カ月連続のプラス(07/28)

一帯一路の香港参入支援に新枠組み、商務省(07/28)

香港銀行システム見通し、「ネガティブ」に(07/28)

FSDC、オフショアファンドの税優遇提言(07/28)

4日続伸、終値が節目超え=香港株式(07/28)

恒隆地産の17年中間期、基礎利益は4%減(07/28)

繁華街のホテル、商業ビルへの建て替え加速(07/28)

パンの嘉頓、本社ビルを商業ビルに再開発へ(07/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン