政策金利3カ月ぶり引き上げ、米国に追随

香港金融管理局(HKMA)は16日、香港の政策金利の基準金利を0.25%引き上げ、1.25%としたと発表した。香港の政策金利引き上げは昨年12月以来3カ月ぶり。米国の中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)が3カ月ぶりとなる利上げを決定したことに追随した。

FRBは15日(現地時間)、連邦公開市場委員会(FOMC)で、短期金利の目標となるフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を年0.75~1%に0.25%引き上げることを決めた。トランプ政権誕生後では初めての利上げとなる。

香港ドルは米ドルとのペッグ制(1米ドル=7.75~7.85HKドルの許容変動幅での連動相場制)をとっており、金融政策を米国と連動させている。


関連国・地域: 香港米国
関連業種: 金融・保険政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:人工知能(AI)時代に…(09/21)

7割が複数の生産モデル採用 珠江デの香港企業、経営課題も(09/21)

HKMA、新興市場に10億米$投資へ(09/21)

MPFに中央データ管理導入、PwCが提言(09/21)

反発、自動車銘柄が相場の支え=香港株式(09/21)

台風13号の保険金29億パタカに、金融当局(09/21)

NGO運営の格安賃貸住宅計画が始動、社聯(09/21)

インフラの新創建、17年は増収増益(09/21)

恒隆会長、本土新興業者は自身を過大評価(09/21)

ファミリーマート、小包発送サービスを開始(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン