ビサヤとミ島の送電線接続、20年完成を視野

フィリピンの送電事業者ナショナル・グリッド・コーポレーション・オブ・フィリピン(NGCP)は、ビサヤ地方とミンダナオ地方の電力系統を2020年までに接続する方針を打ち出した。投資予定額は520億ペソ(約1,180億円)を超える。 2日付マニラスタンダードなどによると、NG…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マニラ首都圏の一部地域…(06/26)

三菱グループ出資2社が連携 中間層住宅の開発資金とローンで(06/26)

海運チェルシー、福岡造船に貨客船1隻発注(06/26)

三菱日立パワー、サービス会社新設(06/26)

首都水危機、ダム水位が過去最低更新も(06/26)

インドネに車部品輸出を、貿易赤字縮小へ(06/26)

ダブルドラゴン、年内にもREIT上場へ(06/26)

債券市場の成長率は新興アジア2位、ADB(06/26)

【グラフでみるASEAN】輸出額(4月)(06/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン