【新指導部1年】反汚職、にじむ危機感 「党高政低」に揺り戻し

グエン・フー・チョン書記長の続投が決まったベトナム共産党大会から1年。「最強の政治家」と評され、書記長昇格が有力視されていたグエン・タン・ズン前首相の引退確定により発足した新指導部は、ズン時代の負の遺産である汚職、地場企業育成や国営企業改革に切り込もうとしてい…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

アジアがマイナス成長も、コロナ直撃=世銀(04/01)

【コロナアンケート】新型コロナで「生産減」56% サプライチェーンの影響も6割超(04/01)

新型コロナ、感染者数が207人に(04/01)

HCM市、1日から全バス路線の運行停止(04/01)

ダナン市、隣国との越境輸送許可を一時停止(04/01)

サンゲツ、ホーチミン市に現法設立(04/01)

韓国ポスコ、鉄スクラップの越合弁を清算(04/01)

米航空部品UAC工場、ダナンで正式稼働(04/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン