• 印刷する

いすゞ、ピックアップで新モデル投入

いすゞベトナムは10日、ピックアップトラック「D―MAX」の2017年モデルをホーチミン市で発表した。17年1月から導入される予定だった欧州排ガス基準「ユーロ4」のディーゼル車への適用が18年に延期されたことを受けて、新モデルも従来基準「ユーロ2」に対応したエンジンを採用している。

ベトナム政府はガソリンとディーゼル車ともに1月からユーロ4の適用を目指していたが、ユーロ4に適合する燃料に関して国が基準を示していなかったため、ベトナム自動車工業会(VAMA)の要請を受け、ディーゼル車への適用は直前に延期された。

いすゞベトナムは、ユーロ4対応車へのユーロ2適合ディーゼルの給油は長期的にエンジンに悪影響を与えるとして、「ギリギリまで政府の判断を待って」(販売責任者)、ユーロ2対応のD―MAXを投入した。

17年モデルは内装と外観に小幅な変更を加えたほか、新たなグレードとしてオフロード向け「タイプZ」を追加し、3タイプからなるラインアップとした。価格は6億6,000万ドン(2万9,000米ドル、約342万円)~8億4,000万ドン。

D―MAXは商用車に分類され、タイなどでは農村で農作物の運搬などに使われているが、ベトナムでは都市部のファミリー向けの利用が多い。

■「国内最長の保証期間に」

同販売責任者によれば、新モデルの販売におけるポイントは保証期間だ。従来は3年もしくは走行距離10万キロメートルまでだったが、5年もしくは走行距離20万キロと小型商用車としては国内最長の期間に設定した。既存の燃料に適合したユーロ2対応エンジンを採用していることを踏まえ、「自信があるから保証できる」という。なおユーロ4に適合したディーゼル燃料をユーロ2対応エンジンに使うことは問題がない。

いすゞベトナムは今年、スポーツタイプ多目的車(SUV)「MU―X」の新モデルも5月に発売するほか、営業網の整備も進める。D―MAXやMU―Xの販売などを手掛けるディーラー店「Dスクエア」を7カ所に新設する計画でいる。

いすゞベトナムは17年版「D―MAX」を発表した=10日、ホーチミン市

いすゞベトナムは17年版「D―MAX」を発表した=10日、ホーチミン市


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

キリン、機能性飲料を拡充へ 越の健康志向、日系の挑戦(上)(09/21)

【ASEAN戦略】1年で域内顧客数2倍目指す スタディスト、コロナ下の変革(09/21)

外食のサガミ、ベトナム3号店をオープン(09/21)

越航空が東京行きの商業運航、4月以降で初(09/21)

ホーチミン市新バスターミナル、来月開業(09/21)

EU企業、カイメップハ港でロジセンター(09/21)

米物流UPS、ベトナムに貨物便運航(09/21)

フィンランド投資社、ビンズオン鉱産に出資(09/21)

電源開発の遅れ、手続き重複に原因=EVN(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン