いすゞ、ピックアップで新モデル投入

いすゞベトナムは10日、ピックアップトラック「D―MAX」の2017年モデルをホーチミン市で発表した。17年1月から導入される予定だった欧州排ガス基準「ユーロ4」のディーゼル車への適用が18年に延期されたことを受けて、新モデルも従来基準「ユーロ2」に対応したエンジンを採用している。

ベトナム政府はガソリンとディーゼル車ともに1月からユーロ4の適用を目指していたが、ユーロ4に適合する燃料に関して国が基準を示していなかったため、ベトナム自動車工業会(VAMA)の要請を受け、ディーゼル車への適用は直前に延期された。

いすゞベトナムは、ユーロ4対応車へのユーロ2適合ディーゼルの給油は長期的にエンジンに悪影響を与えるとして、「ギリギリまで政府の判断を待って」(販売責任者)、ユーロ2対応のD―MAXを投入した。

17年モデルは内装と外観に小幅な変更を加えたほか、新たなグレードとしてオフロード向け「タイプZ」を追加し、3タイプからなるラインアップとした。価格は6億6,000万ドン(2万9,000米ドル、約342万円)~8億4,000万ドン。

D―MAXは商用車に分類され、タイなどでは農村で農作物の運搬などに使われているが、ベトナムでは都市部のファミリー向けの利用が多い。

■「国内最長の保証期間に」

同販売責任者によれば、新モデルの販売におけるポイントは保証期間だ。従来は3年もしくは走行距離10万キロメートルまでだったが、5年もしくは走行距離20万キロと小型商用車としては国内最長の期間に設定した。既存の燃料に適合したユーロ2対応エンジンを採用していることを踏まえ、「自信があるから保証できる」という。なおユーロ4に適合したディーゼル燃料をユーロ2対応エンジンに使うことは問題がない。

いすゞベトナムは今年、スポーツタイプ多目的車(SUV)「MU―X」の新モデルも5月に発売するほか、営業網の整備も進める。D―MAXやMU―Xの販売などを手掛けるディーラー店「Dスクエア」を7カ所に新設する計画でいる。

Thumb 20170111 icn      w

いすゞベトナムは17年版「D―MAX」を発表した=10日、ホーチミン市


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

労働者10.5万人を海外に派遣 帰国後の再就職に課題、失業も(03/24)

ベトナム労働・傷病軍人・社会事業省は今年、労働者10万5,000人を海外に送り出すことを目標としている。ベト…

続きを読む

【アジア三面記事】罰金は1千ドル(03/24)

■罰金は1千ドル 行き過ぎたコスプレで騒動を起こしたシンガポールの男性に罰金1,000Sドル(約8万円)が…

続きを読む

アイキューブの学習塾、3校に拡大へ(03/24)

長野県を中心に学習塾「いずみ塾」約50校を運営するアイキューブ(長野県茅野市)は、2015年にベトナム合弁…

続きを読む

輸入車平均価格が下落、印の格安車急増で(03/24)

ベトナムで3月前半の15日間に輸入された乗用車の平均価格が大幅に下落した。インドの格安自動車の輸入が急…

続きを読む

UOB銀、ベトナムで銀行開設の事前承認取得(03/24)

シンガポール金融大手のUOB銀行は23日、ベトナム国家銀行(中央銀行)から子会社の銀行設立に関する事前…

続きを読む

高級スクーター販売、今年は3割増=専門家(03/24)

ベトナムで1台当たり5,000万ドン(2,195米ドル、約24万円)以上の高級スクーターの販売が伸びており、2017…

続きを読む

ベトジェット、中長期的な成長に疑問の声も(03/24)

2月末にホーチミン証券取引所(HOSE)への上場を果たしたベトナムの格安航空会社(LCC)ベトジェッ…

続きを読む

HCM市メトロ、ビルや商業施設と接続へ(03/24)

ホーチミン市都市鉄道管理委員会は、同市人民委員会に対し、都市鉄道(メトロ、地下鉄)を高層ビルや集合住…

続きを読む

HCM市、地下開発の計画策定へ専門家募る(03/24)

ホーチミン市人民委員会のグエン・タイン・フォン主席は、市計画・建設局に対し、2017年の地下スペースの開…

続きを読む

不動産メイプル、越初のオフィスビル竣工(03/24)

シンガポール政府系の不動産開発大手メイプルツリー・インベストメンツは22日、同社がベトナムで初めて手掛…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン