• 印刷する

科技庁と米社、がん免疫療法で共同研究

シンガポールの科学技術研究庁(ASTAR)は13日、傘下のシンガポール・ゲノム研究所(GIS)が米バイオ技術企業アトレカ(Atreca)とがん免疫療法の共同研究で合意したと発表した。

共同研究の一環として、中部のバイオ研究集積地「バイオポリス」のGIS内に研究所を新設。アトレカと同社のシンガポール現地法人、ASTARが出資する。

研究所では、単一細胞のゲノム解析に使われるアトレカのマイクロ流体技術を活用し、人間の免疫反応を研究。T細胞受容体など免疫グロブリン(血中などに含まれる抗体)様ドメインを分子内に有するタンパク質の遺伝子を特定し、次世代がん免疫療法の開発につなげる。


関連国・地域: シンガポール米国
関連業種: 医療・医薬品化学

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:国土の狭いシンガポール…(03/25)

JR東日本がお花見イベント 鉄道と桜を組み合わせてPR(03/25)

18年の自動車生産8万台弱に 44%減で東南ア唯一のマイナス(03/25)

ドンドンドンキ4号店、ノベナで5月開業(03/25)

家電販売チャレンジャー、上場廃止へ(03/25)

静岡県、テマセクポリテクと農業研究で協力(03/25)

ジュロン駅で手荷物検査、来月5日実施(03/25)

港湾PSA、18年は増収減益(03/25)

水道庁、ハイフラックスの淡水化施設接収も(03/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン