• 印刷する

【16年の10大ニュース】景気が低迷、技術革新を促進

シンガポールの2016年は、経済の減速感が色濃い1年となった。中国の成長鈍化などを背景に外需が低迷。石油・ガス関連産業では原油安が直撃し、破綻に陥る企業も出た。英国の欧州連合(EU)離脱決定や米大統領選でのドナルド・トランプ氏の勝利といった予想外の出来事も影を落とし、先行き不透明感が増している。

一方、今年は日本とシンガポールが外交関係を樹立してから50年(SJ50)。日本文化芸術祭や「SJ50まつり」など、さまざまな記念行事が催された。

政府は経済のさらなる発展に向け、イノベーション(技術革新)を通じた産業の振興に力を入れている。フィンテック(ITを活用した革新的な金融サービス)ではブロックチェーン(分散型台帳)技術の実用化に向けた動きが活発化。世界に先駆け、自律走行車を使ったタクシーサービスの実証実験も始まった。

市民の生活が脅威にさらされる出来事も起きた。湾岸部マリーナ・ベイ地区を狙ったロケット弾攻撃の計画が発覚したほか、ジカ熱が流行し450人以上の感染者が出た。

2016年は、シンガポール経済の減速感が強まった。英国のEU離脱、米大統領選でのトランプ氏勝利といった外的要因で、先行き不透明感も増している(NNA撮影)

2016年は、シンガポール経済の減速感が強まった。英国のEU離脱、米大統領選でのトランプ氏勝利といった外的要因で、先行き不透明感も増している(NNA撮影)

【第1位】景気の減速感色濃く、貿易に懸念

【第2位】日本と国交樹立50周年、記念行事開催

【第3位】フィンテックが活発化、官民挙げて

【第4位】海洋オフショア業界、経営破綻相次ぐ

【第5位】ジカ熱流行、感染者数は457人

【第6位】自動運転タクシー・バスの実証試験始動

【第7位】KL結ぶ高速鉄道、26年開業で合意

【第8位】マリーナベイ標的のテロ計画が発覚

【第9位】公共交通機関、運営見直し・再編が加速

【第10位】配車アプリ、競争激化で淘汰も

【番外編】五輪で初の金メダル、男子競泳


関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

湖北省から入国禁止、自宅待機命令も(21:37)

新型肺炎の感染者、7人に拡大(21:22)

空港の検温検査、全旅客対象に(20:06)

東南アのホワイトカラー求人、3カ国で減少(20:08)

小売・ホスピタリティー業界、43%が経営悪化(19:36)

決済サービス法施行、業界全体の事業環境整備(21:25)

テイクオフ:中国の武漢を中心に流行…(01/28)

【日本の税務】海外赴任中の出産について(01/28)

【識者の見方】ベトナム企業の評価、実態以上 東南アジアのM&A事情(上)(01/28)

中国全土への渡航延期勧告 感染予防で(01/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン