11月の企業景況感は悲観圏、自動車で期待も

タイ中央銀行(BOT)が1日に発表した11月の企業景況感指数(BSI、50を超えると改善)は49.5だった。前月を0.4ポイント上回り、2カ月連続で悲観圏。向こう3カ月の見通しは、自動車分野などの回復への期待で上向いた。 BSIは前月から製造業で景気への信頼が強まった…

関連国・地域: タイ
関連業種: 自動車・二輪車その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

帰国者の感染5人確認、累計304人=2日朝(13:01)

テイクオフ:タイの夜の産業が7月か…(07/02)

東南ア、入国制限の緩和検討 日本からの渡航本格化には時間(07/02)

下着大手がネット販売に活路 店舗2カ月閉鎖で、マスク製造も(07/02)

コメ輸出規制が緩和、新型コロナ小康状態で(07/02)

入国後隔離は認定施設で、出張者対応も検討(07/02)

政府、特定国の商用客受け入れへ基準作り(07/02)

観光業の景況感、2Qは急落=観光協議会(07/02)

国内旅行振興策を閣議承認、780億円規模(07/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン