• 印刷する

映画産業の海賊版被害、年1900億ルピー規模

インドで海賊版や違法ダウンロードによって映画産業が受けた被害総額が年間1,900億ルピー(約2,900億円)に上ることが分かった。大手会計事務所デロイト・トウシュ・トーマツが調査報告書で明らかにした。ビジネス・ライン(電子版)が25日伝えた。

報告書によると、インターネット上で作品を違法コピーし、配信しているサイトは150以上あるという。南部で上映されたタミル語作品「バーフバリ」は劇場公開初日にこれらサイト上で計160万回の違法ダウンロード件数を記録した。

デロイトは「ティア2やティア3などの地方都市では映画館が少なく、鑑賞機会が不足していることが違法サイトでのダウンロードを助長している」と指摘する。インドでは年間2,000本規模の作品が公開され、20以上の言語で制作されている。


関連国・地域: インド
関連業種: 小売り・卸売りサービス観光メディア・娯楽社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:農業新法に反対する農家…(03/01)

対インド貿易額、昨年は26%減の1.9億ドル(03/01)

10~12月GDP0.4%増 3四半期ぶりプラス、制限緩和で(03/01)

商船三井、LPG河川輸送で政府と覚書(03/01)

マルチスズキの輸出台数、200万台に到達(03/01)

電動三輪オメガ、10億ルピーでダッカに工場(03/01)

イートリオ、貨物用電動三輪のリース開始(03/01)

道路相が車部品国産化要請、関税上げも示唆(03/01)

主要8業種生産、1月は0.1%上昇(03/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン