第二外国語に日本語選択の高校生、10年で5割増

Thumb 20160920 twd fore

教育部(教育省)がまとめた統計によると、日本の高校に相当する高中で、昨年第二外国語に日本語を選択した生徒は3万人近くに上り、過去10年で5割増えた。19日付聯合報が伝えた。

国立政治大学の日本語学科で主任を務めた経験のある于乃明氏は、日本語を選択する生徒の増加について、「歴史的、地理的な要因に加え、日本を訪れる旅行者が増えていることや、若い人々が日本のドラマやアニメーション、ゲーム、雑誌などを好んでいることが背景にある」と説明した。

統計によると昨年、高中で第二外国語を選択した生徒数は5万3,570人。このうち日本語を選んだのは2万9,262人で、半数近くを占めた。2位以下はフランス語(7,054人)、ドイツ語(6,112人)が続いた。韓国語は韓流ブームにより人気が出ているものの、教師不足により授業数が少なく、選択した生徒は4,259人にとどまった。

日本語学習熱が高まる中、各校は特色ある指導方針を打ち出している。台北市の名門女子校、台北市立第一女子高級中学(北一女)では毎年、お茶の水女子大学付属高等学校(東京都文京区)から研修生を受け入れ、北一女の生徒との交流を深めているほか、高雄市内には大分県への修学旅行やホームステイなどを実施する高中もあるという。

于氏によると、高中だけでなく、大学の日本語学科も年々増加傾向にあり、現在は40以上の大学が同学科を設けているという。


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 経済一般・統計観光・娯楽社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

上緯と台湾港務、洋上風力発電の子会社設立へ(13:54)

精密加工・複合材料メーカーの上緯企業(スワンコール)と台湾主要4港の業務を統括する公営企業・台湾港務…

続きを読む

テイクオフ:予想だにせぬ逆走――。…(03/27)

予想だにせぬ逆走――。台湾鉄路(台鉄)が25日に蒸気機関車(SL)運行イベントを行い、昨夏に開業したば…

続きを読む

鉄道インフラに4200億元投資 行政院が概要発表、前瞻計画(03/27)

台湾の行政院(内閣)は23日、重点政策として今年から推進する1兆台湾元(約3兆7,000億円)規模のインフラ…

続きを読む

【書籍ランキング】3月9日~3月15日(03/27)

■<ビジネス書ベスト10> 1.『小さな会社の儲かる整頓』小山昇(日経BP社) 2.『やり抜く力 人生…

続きを読む

産業用PCの凌華、独MVテックと提携(03/27)

産業用コンピューターを手掛ける凌華科技(ADリンクテクノロジー)はこのほど、画像処理ソフトウエア大手…

続きを読む

テクタイトとパネルの久正光電、日本に販社(03/27)

電子機器商社のテクタイト(東京都墨田区)は、台湾の液晶パネルメーカー、久正光電(パワーチップ)との共…

続きを読む

BLMの奇菱、経営難で6月末に生産終了か(03/27)

化学品大手の奇美実業が出資するバックライトモジュール(BLM)メーカー、奇菱光電が6月末で生産業務を…

続きを読む

メモリーの宇瞻、車載電子製品市場に本格参入(03/27)

メモリーモジュールの宇瞻科技(エイペイサー)が車載電子製品市場に本格参入する。このほど二層構造の通信…

続きを読む

友達の桃園龍科工場、太陽光発電設備が完成(03/27)

液晶パネル世界大手の友達光電(AUO)はこのほど、桃園市龍潭区龍科路の液晶ディスプレー(LCD)工場…

続きを読む

中鋼の2016年純利益、前年の約2倍に(03/27)

鋼鉄台湾最大手の中国鋼鉄(中鋼)が発表した2016年通年の純利益は、前年比110.9%増の160億3,800万台湾元(…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン