ホンダ二輪、イメージ構築にスポーツ車投入

ホンダの二輪現地法人ホンダ・フィリピン(HPI)は11日、スポーツバイク「CBR150R」(排気量150cc)の新型投入を発表した。競合他社に比べ、出遅れていた若者と個人ユーザーの取り込みを強化する戦略の一環。旗艦車種として中間層の若者に訴求するブランドイメージの構築を担う。

Thumb 20160913 php honda.w

新型CBR150Rを発表したHPIの三原社長(右から3人目)、ホンダ二輪事業本部の三石部長(同4人目)ら=11日、タギッグ市(NNA撮影)

CBR150Rはインドネシアから完成車を輸入する。販売価格は15万~15万5,000ペソ(約32万4,000~33万5,000円)。ベースモデルの価格を旧モデルの16万5,000ペソから1万5,000ペソ引き下げ、若者が購入しやすいようにした。

HPIは、スポーツバイクのラインアップを拡充している。新型投入は、昨年11月のアンダーボーン型「RS150R」、今年4月のネイキッド型「CB150R」に続き、3車種目となる。

Thumb 20160913 php ph.wi

HPIはボニファシオ・グローバル・シティーの中心部で新車発売に合わせたイベントも開催した=11日、タギッグ市(NNA撮影)

HPIの三原大樹社長はCBR150Rの発表会見で、フィリピンの二輪車市場は過去1年間の販売台数が100万台以上となり、インドやインドネシア、ベトナム、タイなどと同じ「100万台クラブ」に仲間入りしたと指摘。フィリピンの人たちのライフスタイルは変化しており、「スタイリッシュで高品質かつ手頃な価格のスポーツバイクを販売してほしい」という要望を多く受けていると説明し、CBR150Rが需要に合致するモデルであることを強調した。

三原社長はNNAに対し、「CBR150Rの販売台数にはこだわっていない」と述べ、ブランドイメージを変える役割に期待を示した。「当社はこれまでトライシクル(三輪タクシー)用とカブタイプを中心に販売を伸ばしてきたが、若者と個人ユーザーの取り込みでは、他社に比べ若干出遅れた」と述べ、「スポーツバイクのラインアップを充実させ、街中で見かけるホンダ車のイメージを変えることで、若者の足をディーラーに向け、市場が急拡大するオートマチック(AT)車の販売拡大につなげていく」との考えを示した。

国内約480カ所に展開する3S(販売・サービス・部品交換)ディーラーについては、マニラ首都圏や地方の中心都市を中心に、これまでの月収1万5,000ペソ以上の所得階層C・D層向けをメーンターゲットにした「入りやすい」雰囲気の内外装から、中間層以上のB層向けの店構えにアップグレードしていくことも明らかにした。

■現地生産の拡大も視野

HPIの工場の年産能力は50万台。現在はビジネスモデルやカブタイプを9車種生産する。HPIの今年1~8月の販売台数は、前年同期比41%増の31万4,262台。通年では前年の37万2,584台を大幅に超える見込み。輸入車が販売台数の1割ほどを占めるとはいえ、近い将来に現地生産車が不足する事態もあり得る。

ホンダ二輪事業本部営業部の三石晋部長は、「基本的にホンダは需要のある所で生産するが、それに加えて、競争力のある所で生産したモデルを各国に輸出する『グローバル・リソース』も活用している」と説明。フィリピン市場で販売するスポーツバイクやAT車については、東南アジア諸国連合(ASEAN)域内で完成車の輸入関税がゼロであることを利用し、これまで通りインドネシアやタイから輸入して販売する考えを示した。

HPIの三原社長は、「このところフィリピンではAT車を中心に市場が急成長している。需要に合わせた生産調整や在庫管理が可能で、為替リスクを受けない現地生産のメリットはある」と話し、既存工場の生産拡大に意欲を示した。


関連国・地域: インドネシアフィリピン日本
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

タイ食品最大手CPF、比事業を拡大へ(18:43)

タイの食品最大手チャロン・ポカパン・フーズ(CPF)は、向こう5年間で20億米ドル(約2,222億円)を投じ…

続きを読む

1月の財政収支、22億ペソの黒字(18:43)

フィリピンの財務省財務局の発表によると、2017年1月の財政収支は22億2,000万ペソ(約49億1,000万円)の黒…

続きを読む

ランドバンク、バーレーンに支店開設検討(13:47)

フィリピンの財務省は、バーレーンにフィリピン土地銀行(ランドバンク)の支店開設を検討している。現地の…

続きを読む

インフラ主力事業55件選定 NEDA、現政権中に実現へ(03/24)

フィリピンのドゥテルテ政権が進める「インフラ整備の黄金時代」実現に向けた動きが加速している。国家経済…

続きを読む

ベネッセ系BPO、マニラに2拠点目(03/24)

ベネッセグループでコールセンターやバックオフィスなどのビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)…

続きを読む

【アジア三面記事】罰金は1千ドル(03/24)

■罰金は1千ドル 行き過ぎたコスプレで騒動を起こしたシンガポールの男性に罰金1,000Sドル(約8万円)が…

続きを読む

通信会社の設備投資率、世界最高水準の25%(03/24)

フィリピンの通信会社による設備投資が活発だ。スウェーデンの通信機器大手エリクソンがこのほど、フィリピ…

続きを読む

政策金利据え置き、物価上昇も管理可能(03/24)

フィリピン中央銀行は23日、金融委員会の政策決定会合を開き、政策金利の翌日物借入金利(RRP)を3.0%に…

続きを読む

23日為替:$1=50.325ペソ(↓)(03/24)

23日のペソ相場は3日続落した。政府公式レートの終値は前日比0.005ペソ安の1米ドル=50.325ペソだった。こ…

続きを読む

アジア企業景況感、比は2四半期ぶり最高(03/24)

米トムソン・ロイターがこのほど発表した2017年第1四半期(1~3月)のアジア企業景況感調査で、フィリピ…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン