• 印刷する

《日系進出》富士ピー・エス、建設コンサル子会社

富士ピー・エス(福岡市中央区)はミャンマー最大の都市ヤンゴンに、建設コンサルタント業務、技術支援業務を手掛ける現地法人を設立したと発表した。現地でプレストレスト・コンクリート(PC)工事の拡大を見込み、自社のPC技術を生かしてインフラ整備事業への参入を狙う。

ヤンゴン中心部のカマユット郡区に9日9日付で「ミャンマー・富士ピー・エス・コンストラクション」を設立、11月27日から営業を開始した。資本金は5万米ドル(約600万円)で、富士ピー・エスが99%、同社の池田秀雄執行役員が1%を出資。池田氏は新会社の社長も務める。

富士ピー・エスはミャンマーで住宅建設や橋りょうなどインフラ建設への参入を目指し、昨年9月に自社のPC技術などの指導・支援、工事施工における協業体制構築の可能性を検討するため、現地企業と基本合意したと発表していた。

パートナー企業名は明らかにしていないが、今回の発表では、協議を重ねており、住宅開発や鉄道・高速道路などインフラ整備事業計画を進めているという。


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

8日の感染者15人、124日連続で死者ゼロ(12:29)

MyCO登記抹消、1~7月は2800社(11:35)

カタール系通信の撤退に注文 人権団体、個人情報の保護を危惧(08/09)

日本語能力試験、願書2.5万通超が販売(08/09)

ヤンゴン工場、抵抗勢力拠点出身者を解雇か(08/09)

ヤンゴン公共バスへの広告掲載、不許可に(08/09)

タイへのトウモロコシ輸出、7割減少(08/09)

高品質ゴムの栽培面積拡大へ、価格上昇受け(08/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン