【第2位】GST導入、財政健全化目指すも景気は低迷

マレーシア初となる消費税(GST、税率6%)が4月1日からスタートした。税関局は年末までに、国内企業40万社から300億リンギ(約8,469億円)以上を徴収したと公表したが、消費の落ち込みは大きい。さらに年後半からは、国際的原油安と通貨安が相まって、景気浮揚の足かせ要因…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:前代未聞の政変も、陽気…(02/27)

(表)世界の新型肺炎感染者数(26日正午) 山東省で日本からの訪問者隔離措置(02/27)

マハティール氏が国民に謝罪 辞任理由は与党連合の内部対立(02/27)

日本人学校、感染地から入国後14日登校禁止(02/27)

景気刺激策、予定通り27日発表へ(02/27)

首相辞任、政情不安続けば格付け引き下げも(02/27)

RM1=26.1円、$1=4.23RM(26日)(02/27)

金融市場は流動性十分で効率的に機能、中銀(02/27)

国営石油ペトロナス、19年通期は27%減益(02/27)

ホンダ新型アコード発売、月200台の販売目標(02/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン