【ベトナムの模索】国営企業、問われる改革の質:日越協力は新フェーズへ

ドイモイ(刷新)が始まって来年で30年が経過する。だが2013年時点でも、ベトナム経済は全企業数の1%に届かない約3,000社の国営企業が国内総生産(GDP)の3割弱、雇用の14%を握る。非効率の温床として長年にわたり改革の対象となってきた国営企業について、政府は14年2月、…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

DHLの倉庫完成、21年まで200人体制に(11:37)

製造業の転職希望が75%超 富士通系、昇給制度など改革推進(11/14)

トヨタ、10月の販売数は14%減の7200台(11/14)

高速道路サービス社、今年の業績下方修正(11/14)

北部のサパ空港計画改定、運輸省が承認(11/14)

LNGの需要拡大、20年に国内生産上回るか(11/14)

ハナ銀、ベトナム投資開発銀の第2位株主に(11/14)

石炭と原油の輸入が急増、電力需要増加で(11/14)

車部品アジア、越に建設コンサルの孫会社(11/14)

ビナケム、ハノイ総合塗料株を売却へ(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン