最も有望な投資先はベトナム:中国経済、6割が「さらに減速」

アンケート調査では、日本企業が今後、アジアでどのような投資戦略を取るべきかも聞いてみた。結果は「東南アジア・新興国中心で行くべき」との意見が多くを占め、有望な投資先についてはベトナム、ミャンマー、インドと新興国がトップ3に名を連ねた。一方で、以前は有望な投資先…

関連国・地域: 日本
関連業種: その他製造小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「も~もたろうさん、も…(09/22)

サントリー、茶飲料で存在感 越の健康志向、日系の挑戦(下)(09/22)

テイクオフ:「○○様」と書かれたプ…(09/22)

日本発の外国人専用便が増加 10月は週3便、予約状況に余裕も(09/22)

マニラ南北鉄道、開通へ前進 メガワイド連合、第2期を受注(09/22)

【日本の税務】勤務期間が短縮された場合の取扱い(09/22)

トラベル・バブル、行動範囲制限する国も(09/22)

エアアジアジャパンの運休・撤退を否定(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン