• 印刷する

比人の7割超、故郷での就職を希望

フィリピン人の75%が故郷で働くことを望んでおり、そのうち6割以上が実際に地元で就職している――。フィリピンの労働雇用省と求職サイトを運営するジョブストリート・ドット・コムの調査で明らかになった。29日付インクワイラーなどが伝えた。

調査は、昨年の第4四半期(10~12月)に国内外の求職者3万1,000人を対象に実施した。回答者の年齢は15~55歳で、マニラ首都圏と中部ビサヤ地方からの登録者が最も多かった。

調査対象者の66%が国内居住者で、その大部分が地元で働いていた。地元で働く理由としては、家族、雇用環境、文化、ワークライフバランスを挙げた。

地方別では中部ビサヤが最も高く、90%が地元での就職を望んだ。以下、ダバオ(85%)、北部ミンダナオ(79%)、カラガ(75%)、西部ビサヤ(74%)と続いた。地元での就職を望む割合が最も低かったのは、ミンダナオ・イスラム教徒自治区(ARMM)で、33%にとどまった。

ジョブストリートによると、若者は故郷を離れることを望み、学歴や職務経験のある者は地元での就職を希望する傾向があるという。

バルドス労働雇用相は、「国内で働きたい国民が多いという調査結果は喜ばしい」とコメントした。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ビジネス目的の入国許可、来月1日から(10/23)

コロナ感染新たに1923人、計36万5799人(10/23)

コロナ感染新たに2057人、計36万7819人(10/24)

マニラ空港改修に暗雲 優先事業者、財務基盤弱く(10/23)

コロナ感染新たに1664人、計36万3888人(10/23)

経済区庁、登録企業9割が事業再開(10/23)

コロナ対策法第2弾、予算配分が低調(10/23)

旅行業団体、航空会社に3億ペソ返金求める(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン