• 印刷する

比人の7割超、故郷での就職を希望

フィリピン人の75%が故郷で働くことを望んでおり、そのうち6割以上が実際に地元で就職している――。フィリピンの労働雇用省と求職サイトを運営するジョブストリート・ドット・コムの調査で明らかになった。29日付インクワイラーなどが伝えた。

調査は、昨年の第4四半期(10~12月)に国内外の求職者3万1,000人を対象に実施した。回答者の年齢は15~55歳で、マニラ首都圏と中部ビサヤ地方からの登録者が最も多かった。

調査対象者の66%が国内居住者で、その大部分が地元で働いていた。地元で働く理由としては、家族、雇用環境、文化、ワークライフバランスを挙げた。

地方別では中部ビサヤが最も高く、90%が地元での就職を望んだ。以下、ダバオ(85%)、北部ミンダナオ(79%)、カラガ(75%)、西部ビサヤ(74%)と続いた。地元での就職を望む割合が最も低かったのは、ミンダナオ・イスラム教徒自治区(ARMM)で、33%にとどまった。

ジョブストリートによると、若者は故郷を離れることを望み、学歴や職務経験のある者は地元での就職を希望する傾向があるという。

バルドス労働雇用相は、「国内で働きたい国民が多いという調査結果は喜ばしい」とコメントした。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

不正資金流入、環境法違反や人身売買などで(18:15)

ファーストジェン、台湾で地熱発電検討(18:11)

国民の半数が生活見通しを楽観視、史上最高(20:13)

テイクオフ:フィリピンの選挙での票…(05/27)

法案は労働市場「破壊」 投資減退も、実業界が警鐘(05/27)

ヤマハ発、二輪車年産能力を80万台に倍増(05/27)

4月輸入車販売、全車種好調で12%増(05/27)

オリコンサル、比鉄道事業の統括室設置へ(05/27)

3月卸売物価4.8%上昇、6カ月ぶり加速(05/27)

知財局、国際調査・予備審査業務を開始(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン