【5000号特集】官民連携でインフラ整備:ギャップ解消も、外資参画に課題

【第4回】2010年に誕生したアキノ政権下での政情安定や、長年の投資誘致政策が奏功し、フィリピンの豊富な労働力を有する潜在力が日系企業に再評価されつつある。しかし、過去にフィリピンが「アジアの病人」と評された低成長の要因の一つであるインフラ整備の遅れは、まだ十分に…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 電機運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

成長エンジン、徐々に地方へ 18年GDP、首都圏は5%割れ(04/26)

太陽光エグチ、アルカラ市に発電設備設置(04/26)

【アジア三面記事】猫カフェ、実は悪徳ブリーダー(04/26)

太陽光発電タルラック2、電力供給を開始(04/26)

セブに社会人専門英語校、現地と日本提携で(04/26)

世銀がADBと支援すみ分けへ、比要請受け(04/26)

アヤラランド、国内初のREIT上場へ(04/26)

国営建設子会社、西ジャワ州に新工場建設へ(04/26)

アヤラ系商銀BPI、1~3月は8%増益(04/26)

起亜自、中国生産車をアフリカ・東南ア輸出(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン