• 印刷する

世界企業番付、タイはPTTなど15社

米経済誌フォーブスが発表した2016年の世界の企業ランキング「フォーブス・グローバル2000」で、上位2,000社に入ったタイの上場企業は15社だった。

同調査は、世界の上場企業を売上高、利益、資産、時価総額で総合的に評価。今年は63カ国・地域の企業がランクインした。タイ企業のトップは国営石油PTTの337位で、時価総額は253億米ドル(約2兆7,000億円)。以下、サイアム商業銀行、カシコン銀行、素材大手サイアム・セメント、バンコク銀行など。石油と金融業が半数以上を占めた。

世界トップ3は中国工商銀行(ICBC)、中国建設銀行、中国農業銀行で、全て中国企業だった。日本の最上位はトヨタ自動車の10位。ランク入りした企業が多かった国・地域は米国の586社だった。中国・香港が249社、日本が219社、英国が92社と続いた。

有力企業2,000社の時価総額の合計は44兆米ドル、売上高は35兆米ドル、利益は2兆4,000億米ドル、資産は162兆米ドルに上った。ただ世界的な景気低迷に伴う株価下落の影響で、時価総額は前年比8%減少した。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

6月の消費者信頼感、2カ月連続で改善(07/03)

タイ国境検問所の移動自由化、外交筋も要請(07/03)

短期出張者の入国、投資委の推薦条件を検討(07/03)

帰国者の感染5人確認、累計304人=2日朝(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

経済3団体、GDP予測のマイナス幅を拡大(07/03)

CPTPP特別委、検討期間を2カ月延長(07/03)

観光客受け入れ、8月から3段階で実施へ(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン