• 印刷する

縫製ラット・ワー、2千万ドルでバゴーに新工場

ミャンマーの縫製会社ラット・ワーは、衣料品の生産能力を増強する。中国企業と組んで約2,000万米ドル(約20億円)を投じ、ヤンゴンの北に位置するバゴー管区に新工場を建設。2015年中に稼働させ、主に欧州市場への売り込みを強化する。現地紙ミッジマが25日付で伝えた。

バゴー管区のヤイターシャイ郡区にある工業省の所有地を借り、新工場を建てる。ラット・ワーのキン・マウン・エイ会長によると、既に着工済みで、工期1年を見込む。完成後には約5,000人の従業員を雇用し、CMP(裁断、縫製、包装)と呼ばれる委託加工形式で、アパレル企業から衣料品の生産を請け負う。

ラット・ワーは1999年に設立された縫製会社で、Tシャツやスポーツウェアなどの縫製を主に手掛けている。地元紙などによれば、ヤンゴンのラインタヤ郡区などに複数の生産拠点を保有している。

ミャンマーでは縫製産業が拡大しており、日本や韓国などからの受注伸長を背景に衣料品の輸出が増加している。統計局の発表では2013年度(13年4~14年3月)の輸出額は8億8,470万米ドル(約901億円)となり、前年を27.2%上回った。主力の日本向けが大きく伸び、特恵関税制度(GSP)の適用が復活した欧州連合(EU)向けも健闘した。


関連国・地域: ミャンマー欧州
関連業種: 繊維建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ロシア産燃油調達委、軍の取り巻きが占める(11:27)

ヒヨコ豆とジャガイモ、3年ぶり高値(11:24)

FBの影響力に懸念、国軍が新技術開発へ(11:14)

訪日の夢、制度に課題=会長 高まる海外就労意欲と日本(4)(08/19)

輸出収益の35%は送金など可能、中銀声明(08/19)

UABが英誌から優秀賞、人権団体は非難(08/19)

パーム油などの価格操作へ措置表明、国軍(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン