【中国労務解説】中国労務の主体その(2)「インターン生、学生アルバイト、見習生」

第6回:各論 2007年3月、一部メディアがケンタッキー、マクドナルド、ピザハットが学生の労働力を利用する際に、支払った報酬が政府規定の最低賃金基準を下回っていたことを報道したため、学生アルバイト(中国語:勤工助学)の権益保護問題に社会の注目が集まりました。 一方、労…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

19年度タマネギ輸出、10万トン超で過去最高(14:23)

人民銀がLPR据え置き、5カ月連続(14:00)

テイクオフ:来週から始まる国慶節の…(09/21)

外資ブラックリスト規定発表 米の中国ITサービス制限に対抗か(09/21)

越航空が東京行きの商業運航、4月以降で初(09/21)

9月の乗用車販売は8%増、業界団体予測(09/21)

電気利用手続き簡素化、1300億元の負担軽減(09/21)

中国系不動産企、シドニーに超高層ビル計画(09/21)

域内経済回復へ政策、日中韓ASEAN財務相(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン