NNA ASIA

1Qの豪CPI1.3%上昇、RBAに圧力も

豪政府統計局(ABS)が22日発表した2015年第1四半期(1~3月)のオーストラリアの消費者物価指数(CPI)上昇率は前年同期比で1.3%だった。前期比では0.2%の上昇と前期に引き続き減速している。ガソリン価格下落の影響から、12年第2四半期(4~6月)以来の低水準となったことから、オーストラリア連邦準備銀行(RBA)の利下げ判断が難しくなっている。