NNA ASIA

海外勤務希望6割超に減少、越境リモート増

シンガポールで労働者人口の6割超が海外で働きたいと考えていることが、東南アジアで求人情報サイトを運営するマレーシアのジョブストリートの調査で明らかになった。新型コロナウイルス禍前の2018年から減少し、海外に移住せずにシンガポールからの越境リモートワークを希望する人が増加する傾向が顕著となった。