NNA ASIA

シングテル、4~6月期決算は13%増益

通信最大手シンガポール・テレコム(シングテル)が13日発表した2015年4~6月期(第1四半期)連結決算は、売上高が前年同期比1.5%増の42億900万Sドル(約3,752億円)、純利益は12.8%増の9億4,200万Sドルだった。特別利益を計上したことや、シンガポール事業、携帯事業を手掛ける海外関連会社が安定した収益を確保したことが増収増益に貢献した。為替変動を除いた場合、売上高は8.3%増だったが、オーストラリアドル安などが伸びを圧迫した。