NNA ASIA

輸出加工企業への追徴課税が倍増、弁護士が警鐘

今年1月~10月25日における税関総局による企業への事後検査件数は、前年同期を5割余り上回り、追徴課税総額は2倍となる1兆4,080億ドン(6,252万米ドル、約76億円)に上った。弁護士法人キャストのホーチミン支店代表を務める工藤拓人弁護士は、「輸出加工企業(EPE)の在庫に対する課税が大幅に強化されている」として経理書類の整備など対策を取るよう提唱している。

NNAからのお知らせ